ひきこもり・サポートネットにいがた
代表あいさつ


 今や全国で60万とも80万とも言われているひきこもりの社会問題化は新潟においても例外ではなく、数年前より市民団体等が中心になりながら、各種支援活動が展開されてきました。

 しかし、その全体的かつ総合的な支援体制は充分とは言えず、各団体の特性を活かし切れないまま各々の支援のすき間が生じているのが実体と言えます。

 そのため本会は、当事者(以下家族も含む)へのよりきめ細かな支援を図るため、有機的な連携体制を作り上げることの必要性を強く感じ、当事者と支援者が共に支え合いながら苦しさを乗り越え、社会参加しやすい環境をつくるため、このネットワークを設立することとしました。
ひきこもり・サポートネットにいがた代表
三膳 克弥(NPO法人 KHJにいがた「秋桜の会」) inserted by FC2 system